いしばし | グリーン・プラスいしばし(新潟県産コシヒカリ生産農家)

いしばし

新潟県産コシヒカリ生産農家 GPいしばしのお米は、越野平野の中央に流れる信濃川の左岸地域で栽培しております。

土壌は信濃川の堆積により出来た砂地土質と粘土土質に分かれており、皆様に食べて頂くコシヒカリの田んぼは、その中でも粘土質で肥沃な田んぼを使用し信濃川の上流の清らかな水を利用して栽培しています。

有機肥料を主体に栽培しており、従来使用していた化学肥料および農薬を半分以下に抑え皆様に安心して安全なお米を食べて頂きたく栽培しました。土作りにもこだわりを持ち、稲わらや籾殻など田んぼに無駄の無い、環境にも優しい米作りを行っています。

種まきから始まり、田植え、生育管理、稲刈り、精米など手間のかかる作業を惜しまず米作りをしております。
これからも日々こだわりを持ち、より一層品質の良い米が出来るよう努力していきます。

皆様よりご要望やご意見などお気づきの点がございましたら今後の米作りの参考にしたいと思いますのでご連絡下さい。

石橋 栄

地域の農業を守る為、地球の環境を守る為、食の安全・安心を守る為、日々、汗を流してます。

趣味:農業 音楽鑑賞

石橋 雅史

農業の可能性を信じ、農家の可能性を信じ、自分の可能性を信じ、日々、ギラギラしてます。

趣味:神輿 万歳獅子舞

石橋 直行

肉が好きでよく食べますが、同時にお米が美味しいと食の進みが天井知らずになります。食は力だと思い知らされ感謝の毎日です。

趣味:映画鑑賞


石橋 照子

農業を楽しみ、孫の成長を楽しみ、映画(韓流)を楽しみ、日々、笑顔してます。
 
趣味:映画鑑賞 囲炉端会議

石橋 真由美

農業に期待して、子供に期待して、旦那の甲斐性に期待して、日々、振り回されてます。
 
趣味:旦那・子供の世話焼き


新潟県産コシヒカリ生産農家「グリーン・プラス いしばし」の作り手からお客様へ

直接お届けする、お米の栽培方法について

越後平野の真ん中位に位置する長岡市与板町蔦都で、米作り専門の農家です。水稲一筋で当蔦都地域の水田を担い手として徐々に面積的集約に取り組み、地域の方々から労働力を貸して頂きながら、時期的集中作業もこなしてる地域密着型法人です。

この程、「グリーン・プラス いしばし」のコシヒカリを食して頂くにあたり、簡単ではありますが栽培方法を載せて頂きます。


農事法人 グリーン・プラス いしばし
代表理事 石橋 栄


© Copyright 2019. gp ishibashi.jp. All Rights Reserved.